スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅はかな言葉の羅列が
誰かの心を傷つけたかもしれない
知らず知らずのうちに
誰かを気落ちさせたかもしれない

誤解だよ
君を傷つける気持ちなんて
微塵もないよ
僕が君を好きなこと、知っているでしょ?
もしも、僕が君の傷つくような言葉を並べていたとしても
君のことを思って書いたんじゃあないよ
僕の中でのことなんだよ
君のことじゃないんだよ
誤解だよって
分かってくれるかな
だけど、誤解させて君を傷つけたのだとしたら
ごめんね


昔の僕なら、誤解したのかな?なんて思ったら
違うよ、そうじゃないよ!って、すぐにでも言ってた
今は、何だか言えない
あれこれ言うのが言いわけじみてると感じる
たくさんの言葉が
かえって相手を傷つけるんじゃないかと恐れてる
自分をフォローするのがおこがましく感じる
そんなつもりはなくても、人を傷つけた罪は罪で
僕は、こんな浅はかな人間なのです、と
旗を立てておくべきなのかと思う
また君を傷つけるかもしれないのだから、
それが誤解だったとしても、誤解したままでいいのかな、なんて
でも、そんなのは言わけもできない臆病者の
自分可愛さにすぎないのかとも思う
これ以上近づかないことで、保身してるのかな
無意識に、人を傷つけることが怖くて仕方ないのです
無意識の凶器がひどく怖いのです

・・・なんてことを、こうやって書いてる僕は
本当にどうしようもないヤツだと思う
意地汚いんだ
小心者の臆病者
許されなくていいなんて言って、
誰よりも許されることを願ってる
嘘つきなんだ
意地汚いんだ
スポンサーサイト

my home 1

生まれ落ちた瞬間から、君を憎んだり
不幸にしてやろうだなんて思ったわけじゃない
そんなことを思ったことは一度もない
どうしたら君が幸福になれるのか、
ただそればかりを一途に考え続けた
まず第一の健康の次は、何を教え説けば
全うな人になれるだろうかと考えた
その答えを神に求めた
そうして、今この時
君の体を苦しめようとも
心を縛ろうとも
それがいずれ君の未来に良い結果をもたらすものだと信じて
鞭をふるった

今、この老体への暴言を暴力を
咎めることは私にはできない
蒔いた種を刈り取る、と神は言った
私の蒔いた種とは、果たして何だったのか
この娘の未来を憂いて、蒔いたはずの愛の種が
この子を縛り付け苦しめている
何処にも行けぬともがく娘にふるわれる暴力
つらい、つらい、つらい、
過去に言い訳はできぬ
愛していたことに偽りはない
ないはずだ
だけど、今この娘にとって、
それは全て私の自己愛にすぎなかったのだと証明された
愛するとは、何だったのだろう
愛するとは、愛するとは
母の愛とは何だったのか
ああ、私自身知らないのだ

方向性

居場所をいくつも探そうとするのは
幸せの方向性を間違っているせいだ

いい加減に気づけば良いのに
いい加減に理解したら良いのに
幸せは目の前にあるのに
無心に僕を愛する人は
すぐ側にいるのに
なぜ遠くを見ようとするの?

幸福は、大切にすべきものは
目の前にいて、手を差し伸べてくれているのに

居場所をいくつも求めて、見つからなくて
心がざわざわして、苦しくて
それは全部、幸せの方向性を間違ってるせいだ

sakura

空が青い
風が吹く
日差しは心地よく
僕の心は軽い
一人歩く白い道に
落ちる花の影
鳥の声
遠く人々の笑い声
寄せて返す波
孤独はない
ただひとえに幸福
こんな夢をよく見ます

僕は、穏やかな生活を夢見て
兵士になった
兵士になり、人を殺す
名も知らぬ異国の人を殺す
この国の一時代が、多くの人々の血の上に成り立ったように
この時代も、そう成るのだと信じて
ただ家族と、この国の幸福を夢見、信じて
僕は兵士になった

今、僕はおびただしい血の一つとなって
新たな時代の礎となる
ただひたすらに、この国が幸福であらんことを願って
国の幸福は、家族の幸福であることを信じて
願わくば、その場に僕も居たかった
だけども、それは叶わぬ夢となりました
僕は、この国の土となって
いついつまでも、いつまでも

Good-bye my・・・

もう、あいつのことなんて考えたりなんかしない!って
そう心に決める
決意を日記に書き留める

知っている
そう思うこと自体が、ヤツのことをムダなくらいに考えているって
証明に他ならないってことくらい

だけど、決意せずには、書かずにはいられなかったんだ
あいつのことを考える暇があるなら、仕事の一つでもしろよ
オマエがあいつのことを考えてるほどに、あいつはオマエのことなんか
気に掛けちゃいねーんだ!って
あいつは、オマエに欠片ほども神経を遣おうなんて思っちゃいねーんだよ

知っている
・・・昔から、無神経なヤツだった
無神経はお互い様だったけど・・・
どうして、俺あいつがこんなに好きなんだろう
分が悪すぎる
オレばかり、あいつのことを考えている
切ない?いいや、そんなんじゃない
ただ苦しい

だから、もう考えないんだって言ってんだ

プロフィール

幸

Author:幸
言葉のリハビリ中

カレンダー(月別)
07 ≪│2012/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
最新コメント
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。