スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sabisii

一言で言えば、寂しいってやつだよね

胸が締め付けられる、とか

距離を感じる、とか

言いようは他にもあるけど、

結局は、寂しいの一言


止まり木がないわけじゃない

ホームがないワケじゃない

帰るべき家があって

愛する人がいる


なのに、なぜだろうね

置いてけぼりくらったみたいな

寂しさが

いつも胸の奥で淀んでる


* * *


優越感がほしいのかな

誰かに求められたいのかな


何の優越が欲しいと言うのか

誰に求められたいと言うのか

妄想の中に何を求めてるの?

現実を見れば、満たされないというほど

足りないものはないじゃないか


僕は、あの時こうなら、こうだったらの妄想に

現実の心を添わせて

自分の選ばなかった人生を夢想してる

今を懸命になることもせずに、

妄想の中の理想を思っては

成れなかった自分を悔いて

寂しがってるんじゃないのか?


現実は、それを選ばなかったし

たとえ選択したところで

理想の展開にはならなかっただろうよ

そして、また別の選択肢を妄想して

事実から目をそらすだけだろうね

スポンサーサイト

ひとりよがり

ひとりよがりの恋


愛してる

大好き

だから、こっちを向いて笑って

手を取って抱きしめて

離さないで


押しつけたって愛されないこと

知っているのに

恋する思いはひとりよがり


大好きだけど、今日は帰るねって

言えたら、どんなにカッコイイだろう


マチルダ

戦争に行くんだ、この港から

酒はもういいよ、ちっとも甘くないんだ

それよりも話そう

お前の子供の頃の話でも聞かせてほしい

俺のことはいい

お前の話が聞きたい

ここは煙たいね

さっきからまばたきばかりしちまう

泣きはしないさ

煙たいだけなんだ







ホタル

君のその

真っ暗な闇の中に

いろんな人たちが

幾匹もの

ホタルを放って

みたけれど

君は真っ暗な

その場所に

うずくまって

動かない

君の周りを

たくさんの

ホタルが飛んでいても

君は真っ暗だと

信じ切ってしまってる


でも、もしそれが

君が

目を閉じているからだよって

言ったら

君は

顔をあげてくれるかい?

抑圧

子どもは、

うるさくて、さわがしくて、当たり前だよね

すぐ泣くし、言うことちっとも聞かないし

大人しくしてないし

手を放したら、あっちこっち行ってしまうし

それが、当たり前だよね



僕、暴力に支配されて大人しくしてる子どもばかりを見てきた

騒ぐと叩かれるんだ

だから、子どもはビビって静かに大人しくしてるんだ

どんなに小さな子でも

僕もその一人だったし

だから、子どもがこんなに騒がしくてどうしようもないことが

フシギだったけど

フツーだよね、こんなの


暴力に支配されて、根詰まりおこしてた子ども達

今、あなたたちは、どんな大人になってるの?


21世紀、未来、タイムカプセル

タイムカプセル作ろうよって

言い出したのは、あの子


いいね

いいねって僕たち乗り気になって

「未来の僕」宛ての手紙を書くことになったんだ


2人は、迷うことなく手紙を書いた

僕は、書こうとして書けなくて

何枚も便箋を破り捨てて

結局書けなかったんだ


そりゃそうだよね

母さんが僕を、21世紀以降も生きてるはずないって

育ててきたんだから

産まれてきた時から、そうやって教え込んできたんだから

未来なんてないのに、手紙なんて書けるわけなかったんだよね

笑えちゃいます

便箋もったいなかったな


母さん、僕は21世紀を生きてます

結婚しました

子どもも生まれました

それなりに生活しています

母さんが思ってた僕の姿とは、まったく違うでしょう

母さんは、僕に「死ね」と言ったわけじゃないけど、

生きてる未来はなかったんだよね


去年、2人は手紙を開封しました

僕には開封する手紙がありませんでした

僕は生きています

21世紀を生きています

Purple star

腕に紫の星を彫ったのは

痛みを忘れないため


彼を愛した痛み

友を失くした痛み

親を泣かせた痛み


忘れてしまったら、

忘れてしまうときは、

死ぬ時に違いないと思って


僕は生きようと思ったから

だから忘れぬ星を求めた




生き方

僕は、不器用でどうしようもない人間です


上手いこと避けて避けて、

何もなかったフリして通ることが

息苦しくてたまらない


まともに呼吸するには、

心がつぶれても

ぶつかって行くのが一番早くて

一番人間らしいことだと思わずにいられません

赤面

どれだけ思い返して、ため息ついてみても

どうしようもない

やり直せない


「自分は間違ったことなんて言ってない」

そんなことすら思わない

それくらい自分が正義だった

疑ったこともない

彼の不安を、やる気が足りないからだ、なんて言って責めて

彼のチャレンジしたいって気持ちを身勝手に打ち砕いた

何もかも気の持ちようでしょ、心の持ちようでしょなんて思ってた・・・あの頃


今になって、あの頃の自分が

お前はこんなにも無神経で身勝手で

ご都合主義のかたまり人間だったんだ、と責め立てる

何が強さだ、明るさだ

人の気持ちも推し量れないで、

受け入れる器も持たないで、ご立派なことだよ

お前はポジティブなつもりでいるんだろうが、

ただの意地悪野郎でしかないよ


自分が死ぬほど打たれるまで弱さを知れないなんて

赤面

そして、今はあっちにもこっちにも取り繕うことに必死で

みすぼらしいね

身勝手ゆえに失くした物の大きさに心砕かれ

ただ昔を思い出しては、正義の押し売りしてた自分に赤面

赤面

photo

君の写真が好き

好き


なんだろう

なんで、こんな写真撮れるの?


君のいる場所が

特別にきれいなところなの?

いいや、きれいかどうかで言えば

僕だって、それなりにきれいなところは知ってるつもりさ


何でもない葉っぱ一枚

草はら

空の色

誰かの影

アスファルト

それが、どうしてこんな写真になるの?


君のカメラには、何か特別なフィルターがついてるの?

特別なシャッター機能がついてるの?


風や温度が分かる

匂いや空気が分かる

そんな気がする


なんでなの?

no title

答えも居場所も、そうそう簡単に見つかるものじゃない

そんなこと何十年と生きてきて、

もう嫌と言うほど知ってるのに

それでも、こんなインスタントな世界をうろついて

それっぽい物探そうとしてしまうのは

なぜでしょう

僕は一体、誰とつながっていたいというのだろう

2012/03/18

どうして、よその国の人が作った音楽が
ただの一日本人である僕の琴線に触れるのか考えてみたら、
やっぱり人間ってのは、
同じ一つの細胞から生まれて来たんだろうなと思う
水の中で生まれた一つの生命体が
僕らの始まりで、
心臓の鼓動が僕らを生かすように
音楽は肌の色、言葉、国境、文化、考え方
違いをこえて、僕の全身に響き渡る

2012/03/18

命があるから生きてる
ただ、それだけ
それ以外はない
理由なんかない
生きてるから生きてる

疎まれ嫌われ、追い払われ
時に暴力を振るわれ、
飢え乾き、
暑さに寒さに、体は疲弊して行くけど、
命があるから
その限りまでは、ひたすらに
生きる

嫌いだと言う人に、嫌わないでと言っても
嫌いなことに変わりはない
迷惑がる人に迷惑だと思わないでと言っても
迷惑には変わりはない
だけど、傷つけないで
傷つけないで
そこにいるだけで、傷つけないで
生きてると言うだけで、傷つけないで
ただ生きてるだけで、
ただ生きてるだけで、



end

結局、意味もなく自分を責めて

一人で自己嫌悪して

ため息ついて、

ただの空回りだったわ。


あの子の言うことが最もに思えて

自分がバカに思えて

自分が悪いんだって思えて

あの子は随分大人で

僕はどうしようもないガキで

マジで自己嫌悪のスパイラルだったんだぜ!


でもさ、あの子が大人だなんてのは

僕の思い違い。

完璧な大人なんてどこにもいないのにね。

そうやって自分を責めるとこ

何にも成長してない証拠ですよ。


あの子だって自分勝手じゃん。

回り見えてないじゃん。

空気読めてないじゃん。


・・・ってのを別の子から聞いてさ。

あ、僕が100%悪いワケじゃなかったんだーって

安心したんだ。

意地悪いけどさ、

あの子が批判されてることに、ホッとしちゃった。


笑えた。

僕は、何年も自分を責めてきたってのにさ。

僕は、あの子に許されたくて、卑屈になってたことにも気づいた。

あの子ともう一度、昔に見たいな仲になりたくて、でも近づけなくて寂しくて。

そう思う自分がまた情けなくもあった。


でも、もういいや。


プロフィール

幸

Author:幸
言葉のリハビリ中

カレンダー(月別)
02 ≪│2012/03│≫ 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
最新コメント
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。