スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八月六日

この子を目の前にして思うのは


小さな戦争も

大きな戦争も

バカバカしいだけ

幼子に戦争の何を理解しろと言うのだ

幼子の顔に火の粉振り掛け

瓦礫を落とし

何を正義というのだ


真っ白な綿を着て

眠る子の

そのどこか遠くの国で

黒く焼かれた

もう一人のわが子

スポンサーサイト

風穴

心臓の中に風穴が開いていて

そこからいくつもの音がするそうです


どんな恐ろしいものかと思って聞いてみれば

とても優しく切ない音でした



無垢に生きてる様は

凶暴で素直で

業火で糠雨で

これ以上に美しいものが

この世に果たしてあるのか

ないように思えてなりません

no title

これまでは

大事なものがありすぎて

その大切さが

重く重くのしかかっていましたけど

今日になって知ったのは

わたくしにとって

そのたくさんの大事なものこそが

自分を支えているに

他ならぬことでありました


わたくしが支えているのではなく

支えられて

わたくしはようやく

全うに日々を生きてるのだということ

そしてこれからは

きれいなだけの善い人では

何も守れないことを

今日になって知りました

no title

あまりにひどいことが多いので、

息が詰まります


それが、人の身勝手な都合によるものが多いので、

僕は人というものが

恐ろしくてならなくなります


小さな箱に閉じこめて、

こんな暑い暑い日差し、気温の中に

閉じこめて

生きていられると思う人間の想像力の無さが

僕は恐ろしくて

憎くてなりません



失意

鈍感であることが生きる術であるように言われ、

無関心が強さであるように言われ、

心は、愛は、傷つきボロボロです


僕は決して、そんな人間にはなりたくないのです

痛みを痛みとしない、そんなロボットのような人間には

なりたくない


鈍感、無関心の先にあるのは、失意だけだ

プロフィール

幸

Author:幸
言葉のリハビリ中

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
最新コメント
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。