スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あとはご自由にどうぞ
あとは皆さんのお好きなようにして下さい

僕はもう十二分に堪能させてもらいました
ここから退くと言って、心がここからなくなるわけではありません
ここがどんなに変わってしまおうと、
たとえば俗物的になってしまったとしても、
僕がこの場を愛したこと、そしてそれが僕の青春のすべてだったことは
何が起きても変わりはしません
かつてのように、ここに身を埋めることはできなくなった
だから去るのです
若い日々、胸をときめかせ、熱く燃えた心はここに残したままです

あの日、急に降り出した雨に濡れる石畳の道は、
本当にきれいだった
日差しの中を駆け抜けて行った、一陣の風に汗を拭ったこと
忘れようもありません
今も愛してやまないのです
スポンサーサイト

轟音と熱の中に

一面の菜の花を見た

空を仰いで


まぶしさに目を閉じた


もう何も聞こえない

崩れ落ちた衝撃に

土ぼこりの淡い光を感じ

重い重いまぶたを開く


友と過ごした日々

明り取りの窓から差し込んだ

月の光とよく似た色だと思った


言葉はもう何もなく

是非を問う己もなく


いつかの月ばかりが

ひたすらに思い出された

ああ

この体を照らすものがあるならば

太陽よりも月がいい


春の宵闇を彩る

ぼんやりとした月の光がいい



今日は彼が

あのころ

命のおもみなんて

何一つ知らずに

生死を知ったつもりで

笑ったり泣いたりしてた

今、ほんの少しは

命の何たるかをかじって

そのおもさに、やっぱり僕は

笑ったり泣いたりしてるね


今日は彼が死んだ日だから

僕は空を見上げて

そこに、飛ぶ鳥を見つけたい

緑のまぶしさに

遠い北国に訪れただろう春を思って

目を閉じたい

今日は彼が全てをかけた日だから

今日は彼が

走り続けて、走り終えた日だから

今日は彼が

今日は彼が死んだ日だから



no title

空の高い場所

一羽の鳥

君は見上げ、目を細めた


今日、萌葱の中に散りゆく魂は

時を超え、地を超え、風を超え

再び花の中に舞い降りる

その背中

その後姿に生かされた人が

どれほどいるでしょう


目眩

雪を降らせてください

心に


何も見えなくなるほどに

プロフィール

幸

Author:幸
言葉のリハビリ中

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
最新コメント
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。